新着情報 News

「処暑」行事食

2022.08.24イベント

今日は二十四節季の第14、「処暑」です。

処暑とは、厳しい暑さの峠を越した頃。朝夕には涼しい風が吹き、暑さが和らぎ、穀物が実り始める頃ともいわれています。

 

本日の処暑の行事食は、とうもろこしをたっぷり入れた「とうもろこしご飯」、大根おろしとトロミのあるお出しでさっぱりと食べられる「和風煮込みハンバーグ」、トマトの中にスモークサーモンやエビ・キュウリなどを詰めた「トマトのファルシサラダ」、ひんやりさっぱり「梅ゼリー」をランチとしてお召し上がりいただきました。

今が旬のとうもろこしは、栄養価が高く食物繊維の宝庫ともいわれ、腸をきれいにする効果も期待できます。

生のとうもろこしで作る「とうもろこしご飯」は夏ならではの美味しさです!

とうもろこしの実だけでなく、芯も一緒に入れて炊くと甘みが出て、とっても美味しくなるのでおススメです。

 

少しずつ秋へ移行していくとはいえ、まだまだ日中は暑く夏バテを起こしやすい時期です。

美味しく、バランスよく旬の食材を食べて体調子を整えていきましょう。

次回の行事食は9月9日の重陽の節句です。

お楽しみに!

 

PAGE TOP