新着情報 News

「七草粥」行事食

2017.01.12イベント

IMG_1980

1月7日の夕食に、行事食として「七草粥」を召し上がっていただきました。

七草粥とは、1年の無病息災を願って食べられるものです。

七草にはそれぞれ意味があります。

「芹(せり)」=競り勝つ

「薺(なずな)」=撫でて汚れを除く

「御形(ごぎょう)」=仏体

「繁縷(はこべら)」=繁栄がはびこる

「仏の座(ほとけのざ)」=仏の安座

「菘(すずな)」=神を呼ぶ鈴

「蘿蔔(すずしろ)」=汚れのない清白

七草はお正月の間に飲んだり食べたりで疲れている胃腸をいたわり、かつ冬に不足しがちな栄養を補給する効果があります。


IMG_1994

また、1月11日の鏡開きにはおやつに「白玉ぜんざい」をお出ししました。

鏡開き(鏡割り)はお正月に神仏に供えた鏡餅を下げて食べる日本の年中行事です。

神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて1年間の無病息災などを祈って汁物や雑煮等で食します。


最近は暦に合わせた食事を召し上がる機会も減ってきていると思います。

今年も当クリニックの行事食を通して、先人から伝わる風習等に触れていただけたらと思っております。

PAGE TOP